FC2ブログ
三業株式会社の紹介から、相生市のイベント情報、環境に関するトリビアやニュースまで、様々な話題を楽しくお届けします。
こんにちは。
大きな写真をアップすると画面が崩れてしまう、すみません、うまくいきません、三業株式会社のニノミヤです。

今日はご当地マンホールをご紹介します。
このご当地マンホールシリーズ、不定期で連載を重ね、ざっと数えてみたところ、すでに連載30回を越えていました。目指せ100回全国制覇です。

この記事は、PRESIDENT OF A.LIFEの提供で、お送りします。


山南町
山南町のマンホール。
丹波市といえば恐竜、かと思いきや、丹波市は山南町を含む6町が合併してできた市。
恐竜の化石が見つかる前に出来た旧山南町のマンホールなのです。
町の木である松と町の花である菊が幾何学的に描かれています。
ハイセンス。

市川町
こちらも同じく兵庫、市川町のマンホール。
町の花ひまわり。ひまわりのまわりを市川リバーが流れています。
山南町同様、言われなけりゃわからない、ハイセンス。

知念村
ところ変わって沖縄、現南城市旧知念村。
真ん中のマークは知念村の村章。
南国の太陽、海、空、そして鉄砲百合が描かれています。
写真からもなんとなく強い日差しがうかがえます。
沖縄、という感じ。

大阪市水道2
最後は大阪。
汚水マンホールではなくて、これは上水の制水弁のマンホールですね。
大阪城、ツインビル、アクアライナーが描かれています。
かっこういい。僕はこの手のマンホールが好きだ。

いよいよ7月ですね。
気が早いですが、もうすぐお盆です。
盆は実家の名古屋に帰ろうと思うのですが、名古屋にマンホールの聖地があるのをご存知ですか?

説明しよう!
マンホール好きのメッカが日本には3カ所存在する(した)。
ひとつ、滋賀県立水環境科学館(閉館)。
ひとつ、大阪府鴻池水みらいセンター。
そして、名古屋市下水道科学館。

帰省の際は、今年こそマンホールの聖地エルサレム名古屋市下水道科学館に足を運びたいものだ!

今日から短いあいだですが、PRESIDENT OF A.LIFEのもとで修行してきます。
課長は上郡にいます。
今日から水道当番です。
頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/07/01 00:00】 | 三業のお仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック