FC2ブログ
三業株式会社の紹介から、相生市のイベント情報、環境に関するトリビアやニュースまで、様々な話題を楽しくお届けします。
こんにちは。
三業株式会社のニノミヤです。

11月も今日で終わり。
そこで!
11月のランキング発表です!
まずは検索キーワードランキング!
すなわち、誰が、どんなキーワードを検索して、当ブログ&HPにたどり着いたのか。
131130 (1)
1位『三業』
当然ですな。三業のページですから。
131130 (2)
2位『ブログ郵便局の現場相生市』
えー、なんかへんな検索ワードが入ってきてるー!
以前郵便局に勤めていた僕は郵便局のことをあまりよく書かないかもしれないけれど、そもそも自分に合った仕事なんてないぜ!
職種より、誰とやるかだ!
131130 (3)
3位『インバート枡』
あれ、少しランキングに変動が……。
いつもこのあたりで『地獄配管』がランクインするはずなのに。
131130 (4)
4位『スカムスキマー』
あれ?
地獄配管は?
131130 (5)
5位『インバート桝』
3位のインバートとはマスの漢字が違います。
どちらの漢字が正しいかはコチラをクリック→http://sangyoblog.blog14.fc2.com/blog-entry-1060.html
131130 (6)
6位『三業株式会社』
まあ順当。
131130 (7)
7位『プレートチャッキ』
これは加圧給水ポンプ等に使われるチャッキ弁のこと。
プレートチャッキ、なんて呼び方を、このブログやホームページで使った覚えはないのだけれどランクイン。
あれ、地獄配管どこ行った?
131130 (8)
8位『相生市 三業』
那波大浜町5-9です。
131130 (9)
9位『貯水槽清掃、下水道清掃の仕事はきつい?』
……。
楽な仕事などあるものか。
楽しくはある。
131130 (10)
10位『三業株』
と、10位まで発表しましたが、ランキング上位常連『地獄配管』が見当たりません。
我々スタッフ、探しました。
一生懸命探しました。
見つけました。
第18位『地獄配管』
どうして急に下がったんだろう?


お次は、都道府県別アクセスランキング。
すなわち、どこにお住いのひとが訪れたか。
131130 (11)
今月はランキングに大きな変動があったので第10位から。
10位『広島県』
広島の協力業者の方に「マカオ行ったんですね!」と言われました。
お土産は、三業スタッフが全員無事に帰国したこと、ということで……。
131130 (12)
9位『神奈川県』
お会いしたことありませんが、割と常連様。
だいたい10位から20位くらいを上下して、ときどきトップ10に入る。
当月のブログが面白かったのか、つまらんかったのかを測る僕のなかの指標。
131130 (13)
8位『静岡県』
週一くらいのペースで見て貰うと、だいたいこのくらいのランキング。
131130 (14)
7位『山口県』
あ、どーもどーもってなもんで、面識はございませんが、常連様。
131130 (15)
6位『大阪府』
都会。
唐突ですが、日本三大都市をめぐり、タキ先輩とケンカしたことがあります。
一般的に、日本三大都市っていうのは、東京、名古屋、大阪ですよね?
ですよね?
でもタキ先輩は、東京、大阪、福岡とか言うんです。
あるひとは仙台、東京、大阪。
な・ご・や、だがね!
131130 (16)
5位『茨城県』
関東ウケも悪くない、三業です。
131130 (17)
4位『三重県』
超常連。
131130 (18)
3位『兵庫県』
頑張れ地元。
なぜ1位になれない!
2位『東京都』
超常連。
むしろ関西より関東ウケするのが三業?
131130 (19)
1位『北海道』
なんでやねんッ!
今月の総アクセス人口の35パーセントを占めた北海道。
ぶっちぎりの1位でした。
なにごと?
誰だ関東ウケするとか言ったのは。
北海道じゃあないか。

皆さん、お手元に、TOTOかINAか、蛇口かトイレのカタログございますか?
よおぉくご覧あそばせ。
小さく、寒冷地対応商品と書いてませんか?
そう、水まわりの設備は、凍結大敵。
寒い地方ではふつーの蛇口ではなく、寒冷地仕様をセレクトするのだ。
さらに踏み込んでいえば、寒冷地仕様がない商品は、北海道では使えないのだ(恐らく。あるいは保温を徹底して使うのかもしれない。北国の寒さを僕は知らない)!

狭いようで広い日本。
遠く見知らぬひとが、インターネットで三業を知ってくれる幸せ。
関連記事
スポンサーサイト




【2013/11/30 14:12】 | 三業のお仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック