FC2ブログ
三業株式会社の紹介から、相生市のイベント情報、環境に関するトリビアやニュースまで、様々な話題を楽しくお届けします。
こんにちは。
三業株式会社のニノミヤです。

パナソニックが、7型液晶搭載の頑丈タブレットコンピューター!!! なるものを3月に発売するそうです。
http://goo.gl/RSLsU9
150センチの高さから落としても大丈夫。
ちょうど操作する高さでしょうか。
ファンレスで粉塵にも強く、タッチパネルは水しぶきがついても大丈夫、手袋をしていても操作可能。
すごい。
最近ほんとに多くのお客様から引き合いを頂いて「数年前にやったあの、川の掃除。またお願いしたいんだけれど、いつやったっけ? どの範囲いったっけ? いくらでしてくれたっけ?」なんて電話をいただいても、現場にいるものだからわっからない。
だから一旦電話を切らせてもらう。
事務所に連絡する。
調べてもらう。
なんて手間なことになる。
お客様の予算の関係上、工事名称が実際と異なるとか、そういう現場だと担当した僕じゃないとわかんないこともある。
「あー、手元にパソコンがあれば……」なんて思うことは皆さんもしょっちゅうでしょう。

しかし。
あれこれ導入すると訳がわからなくなるので大変です。
いつかやらねばと思っているのですが、弊社の隠れた問題として、いろんなソフトウェアが入り過ぎていて、AとBというソフトウェアがあって、それぞれ性質は違うのだけれど、どちらも共通している機能が重複している。
どちらかがサポート的な意味合いがあればいいのだけれど、どちらもメインになっている。
あと、ウイルス対策ソフトの更新時期が個々のパソコンでばらばらになっているからややこしくて仕方がない。
これらを整理せねばならん。

弊社で活用しているソフトウェアは、ざっと挙げるとこんな感じ。

・メーリングリスト(PCから全スタッフの携帯に修理依頼等のメールが入る)。
・LINE(入札結果とか、速報系がみんなに届く)
・どっと原価(原価管理、顧客情報管理)
・Mr.aqua(浄化槽点検、貯水槽清掃、排水管洗管等の顧客情報管理)
・御用達(工事写真管理)
・CADEWA(製図)
・見積もり君(原価管理、顧客情報管理)

こんなのを一括で管理するなにか画期的なソフトはないだろうか……。
パナソニックが作ってくれないだろうか。
でも統一したら、それはそれで、データが飛んだりアクシデントがあったときが怖い。
どれだけ便利な世の中になっても、やはり核の部分はひとの手によるのだろう、やはり。
よその会社はいったいどうしているんだろう。
関連記事
スポンサーサイト




【2014/01/09 00:00】 | 三業のお仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック