FC2ブログ
三業株式会社の紹介から、相生市のイベント情報、環境に関するトリビアやニュースまで、様々な話題を楽しくお届けします。
こんにちは。
三業株式会社のニノミヤです。
s210156.jpg
☆あらすじ☆
シニアのお客様に代わってサポートセンターに電話することになったにの。
小さな字で書かれた長ったらしい製造番号は、確かに読み取り辛い。
お客様の横で電話をしながら、言葉に詰まったり小さな感動を覚えたり、今日もちょっとしたことに考えさせられるのであった……。
s210157.jpg
サポートセンターオペレーター女子(以下サポ)「お客様のお名前をお教えください」
にの「ひらつかみきこ(仮名)様です。漢字は、えーっと、ひら、へい」
言葉に詰まったのは、漢字がわからなかったからではない。
『平』の字を伝えるのに、平らとか平坦とか、お客様の横で何となく愛のないような言葉を使うのは大変に失礼な気がしたのだ。
サポ「平和の、平でございますか?」
s210159.jpg
素晴らしい、と思った。
知的な女性だ、と思った。
にの「そうです、平和の平に、土へんの塚」
ひねりのない、当たり障りのない、詰まらない説明になった。
s210160.jpg
部首で何とか名前を伝え終え、いよいよ本題、製造番号だ。
s210161.jpg
にの「P1220B-20181219」
サポ「T、でございますか?」
にの「いや、ぴ、ぴぃー」
サポ「パリのPでございますか?」
にの「パリ! 素敵ですね」
思わず言葉にしていた。
サポ「ありがとうございます」
にの「パリのPです、P」
生まれて初めて「パリ」と口にした気がした。
ピザでもなく、ピアノでもない、パリだ。
s210162.jpg
フリーダイヤルの女性にありがちな、丁寧で柔らかいけれど、何かを押し殺しているような冷たさが溶けてなくなり、オペレーターではなくひとりの女性としての興味と好意がむくむくと頭をもたげてきた。
s210163.jpg
にの「P1220B、ビーです、ビーは――」
勝負だった。
センス溢れる、オペレーターの女性の心を掴むような、渾身の一言、ビーは、何のBなのか。
パリに匹敵、いやパリを凌駕するような、会心のBを絞り出せ!
にのは言った。
s210164.jpg
にの「AKBの、びー」
サポ「はい、P1220B-20181219ですね、ご確認いたします」
オペレーターの女性の声は、ひょっとしたら最初からこんな無機質な感じだったのかもしれない、と思うことにした。
関連記事
スポンサーサイト

【2018/12/20 00:00】 | 三業のお仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック